Ann Sally / Bon Temps

音楽
06 /03 2018
アン・サリーさんは我が家でもお気に入りで、コンサートにも何度か足を運んでいます。
一昨年のコンサートでは最前列に。
なんと舞台をおりてきたアン・サリーさんとダンスしたのは貴重な思い出。

昨年発売のアン・サリーさんのアルバム、
最近発売になったCasa BRUTUS「音のいい部屋。A Room With Sound」に
このアルバムを録音したスタジオStudio Dedeが出ていました。
深みのあるいい音。
特に3曲目の“Why Me So ?”がオススメです。


Cécile McLorin Salvant

音楽
03 /09 2018
セシル・マクロリン・サルヴァント

JazzのPodcastで知りました。
昨年「Dreams And Daggers」という2枚組のライヴCDを出しています。
これぞジャズ・ヴォーカル。
実に様々な表情をみせてくれる歌声。深みのある濃密さ。そしてチャーミング。
バックバンドがまた素晴らしい。しっかりした技量で楽しませてくれます。
楽曲、これまた素晴らしい。じっくり味わいながら聴ける曲ばかり。
1時間近くのYouTubeですが、明かりを落として、お酒でも飲みながらどうぞ。

ジャズのCDを聴く

音楽
12 /02 2017
冬になりました。
部屋をあたたかくしてコーヒーをいれて、
50年代のジャズをいくつかセレクトして、ゆっくり聴いています。

JAZZCD.jpg

手前
Undercurrent ケニー・ドリュー
右から
4, 5 And 6 ジャッキー・マクリーン
Stan Getz Quartets スタン・ゲッツ
Groovy レッド・ガーランド
Afro-Cuban ケニー・ドーハム

それぞれ名盤といわれるものですが
ジャズファン以外に知られているかというとそうでもない。
味がある演奏が一枚一枚にあって、その雰囲気に浸れます。

この頃のCDは1枚あたりも短くて
1枚聴いたら本を読んだり、食事をしたりと別のことにも移りやすいのもいいんですよ。